2015年5月11日月曜日

特等席。

撮影日時:2009年5月15日金曜日 10:47 エル10才(闘病2年目)




辻堂犬猫病院で順番待ち。
エルが乗っかっているのは動物用体重計だ。

待合室は混んでいる。
エルはくたーっと横になってしまうので通る人の邪魔になってしまう。

それで隅に置いてある体重計の上か駐車場で待つことが多かった。
後のドアは処置室の入り口。手間にはエレベーターがある。

2つ目の抗がん剤(アドリアマイシン)の副作用でエルの目と口の周り
は毛が抜けて黒くなっている。

4 件のコメント:

Mary Ppm さんのコメント...

パパがすぐそばにいるのに、やっぱり病院は嫌だったんでしょうね。
不安な表情でいっぱい。
「パパ、早くおうちに帰ろうよ」って言いませんでしたか?

ナオ さんのコメント...

病院は疲れます、大きな病院は特に。元気じゃないと行けません。わんこも疲れるでしょうね。
エルちゃんお顔の毛が抜けているんですか。お目目が大きくなったように見えます。普通でもイエローラブはアイラインひいてるようですね、ビオラはかなり太いアイラインでした!

イエロードッグ さんのコメント...

>Mary Ppmさん

病院自体は嫌がってませんでしたけど、検査や処置で預けられる(=僕
と離れる)ことは嫌がり踏ん張って連れて行かれるのを拒否してました。
何よりも入院で家に帰れなくなるのを一番警戒してました。

治療が終わった後(先生との相談、会計〜投薬の間)はエルを一人で車
の中で待たせてましたがそれはぜんぜん平気なんです。
車はエルにとって家の次に安心できる場所であり、車に乗ったということ
=家に帰れるということだからでしょう。
爆睡してましたよ。

イエロードッグ さんのコメント...

>ナオさん

待ち時間だけでも2時間以上でした。朝行っても終わるのは2時頃。
病院の評判が知れ渡るようになってからは増設した駐車場も入れ
なくて順番待ちするくらいでした。
犬も飼い主も疲れてしまいます。
働き詰めの先生方や看護士さんたちはもっと大変ですが。

抗がん剤の副作用で目、口の周りの毛が抜けて黒っぽく見えます。
なんだかヘビメタのKISSみたいでしたよ(笑)

エルも家に来た頃はアイラインがはっきりしててけっこう濃い?
顔立ちでしたが、だんだん柔和な顔つきになって行きました。
黒ラブのカンナちゃんだとアイラインが分らないですねー♪