2015年5月19日火曜日

クローバーの国の妖精たち(3)

撮影日時:2010年5月26日水曜日 10:29 エル11才(闘病3年目)




エルのうれしそうな顔!

4 件のコメント:

Mary Ppm さんのコメント...

クローバー畑、ずいぶん広がっているんですね。
刈り払いする人が、ここをエルちゃんたちのために残してくださったのですよね。
そして、リードなしを黙認しれもらえる公園なんてあまりありませんよ。

クローバー畑🍀=エルちゃんの場所🐶

イエロードッグ さんのコメント...

>Mary Ppmさん

写真は広場にクローバー畑ができるようになって2年目です。
この次の年からは市で雇った職人さんが刈り込むようになりました。

たまたまエルといる時に市役所の係の人たちが見に来ていたので、
残してもらえないか頼んだんです。
クローバーが茂ると芝刈り機の歯が駄目になるので頻繁に刈る必要
があるからと難色を示されました。
でも真ん中の方にクローバーを残してくれましたよ。

昨日公園に行ったら芝刈り機が入ってました。
もうここも一面のクローバーの景色は見られません。
のんびり休んでる犬も見かけないですね。
エルがクローバー畑で輝いていた時にかかっていた魔法は消えて
しまったのかなあ。

Mary Ppm さんのコメント...

そうでしたか!
やっぱり、エルちゃんにプレゼントされたクローバ畑だったのでしょう。

今は、のんびり休んでいるワンコもいないなんて、
主役がいなくなった舞台みたいな寂しさを覚えますね。
魔法が消えてしまったのでしょう。

イエロードッグ さんのコメント...

>Mary Ppmさん

こんなふうにふかふかのクローバーの絨毯の上でレトリバーが
のんびりしている光景はもう見られないのでしょうね。
エルのために用意された特別な舞台だったのかもしれません。

ここに来る度に木陰で気持ち良さそうにくつろぎながらニコニコ
しているエルの姿を思い浮かべています。
あの日ここにエルがいたのにどうして今はいないんだろう。
何事もなかったかのように季節は巡り時は過ぎて行きますが、
主役を失った広場は寂しげで何かが欠けているような気がします。