2015年12月4日金曜日

アカンベー。

撮影日時:2007年9月9日日曜日 14:10 エル8才




それは突然だった。
エルの右目が下がって来てアカンベーしてるみたいになったのだ。

びっくりして病院に駆け込む。
ホルネル症候群という聞いたことがない病気。
大型犬、特にラブラドールはなりやすいらしい。


原因は頚椎を痛めたことによる視神経の損傷。
チョークチェーンを強く引いてエルがウッ!という顔をしたことが
あるのでその時だと思う。

ずいぶん間違ったことをしてエルに可哀想な思いをさせた。

4 件のコメント:

Mary Ppm さんのコメント...

治って良かったけれど、エルちゃんのこの目のことは、イエロードッグさんの
胸中を考えると私まで胸の痛む思いです。
どうなることかと、不安でいっぱいだったことでしょう。

私は、葉月やジャズに犬に関する薄い知識で接していましたので、
間違いや、やってはいけないことなど、たくさんあったのだと思います。
何も嫌がらず、受け入れてくれて、わんこってほんとに優しいし、
我慢強いですね。
でも、愛情から出た行為だから、信頼して許してくれていたのでしょう。
ほんとに、いい子たちでした。

イエロードッグ さんのコメント...

>Mary Ppmさん

エルにいったい何が起こったのか?と愕然としました。
思えば苦難続きでした。

春には車に当て逃げされました。
横断歩道を渡っていたら車が飛び込んで来たんです。
止まってくれるだろうと甘く見てたのが間違いでした。
確信犯です。
犬を轢いても器物破損くらいにしか思わない輩がいるのです。
一歩遅れて歩いてたエルは弧を描き着地してガタガタ震えてました。

エルを抱き上げ近くの動物病院まで走りました。
幸い奇跡的に打撲傷で済みましたが。
これも僕の不注意による事故。
エルにはかわいそうなことをしてしまいました。

そしてホルネル症候群も。
5ヶ月後にお尻の腫瘍が発覚しました。
交通事故の打撲傷が引き金かもしれないと悔やまれます。
先生からは、遺伝です、もし炎症が原因だとしたら線維肉腫のはず
でエルちゃんの血管周皮腫とは違います、と言われましたが。

ぶべはは さんのコメント...

お久しぶりです。
まだコメント返しさえもしていません。
お身体いかがでしょうか・・・
昨日私は骨髄腫の検査から昨日やっと解放され無罪放免とまではいかないようですがこまめに検査で様子をみてゆくようです。
チョークチェーンの危険性のこと本当に良いタイミングでエルちゃんから教えて頂いたので思わずコメントいれました。
随分歩けるようになった私をべいはぐいぐい引っ張ります。
雪道なのでこれは~とチョークチェーンを明日購入しようと思っていました。
べべにも私の多忙から随分辛い思いをさせてしまいました。
多忙の間・・・幼稚園という軍隊に入れてしまったようで。
月曜日から修正をかけようと思っていました。
チョークチェーンはいりませんよ。と言われてはいたのですが。
軍隊で育った(泣)べべを私はすでにコントロールできなくなっていました・・・
エルちゃんからのメッセージとしてしっかり受け止めます。
現在やっとやっとべべの問題の根底を受け止めて下さる方に出会い・・・たぶん。
メールでのやりとりで私の苦しみに希望を与えてくだっさっています。
関東・関西にくらべ環境はともかく指導等に関しては北海道は進んではたぶんいないと思う。
とにかく肩の力の抜いて前進しなくてはと思っています。
ゆっくりとでいいよ・・・という方と即答を求められるのとでは違う。
そしてやっと骨髄検査の結果もありとべべと向き合う時間が欲しかった。
頑張ってみます。
こちらでいっぱい書いてしまってごめんなさい・・・
今日はロングリードで雪の中の公園をたくさん走ったべべさんです。
今ハウスでぐっすり眠っています。
ありがとね。エルちゃん。
先月だったか斉藤和義さんをなんどかテレビで拝見しました。
そのたびにエルちゃんファミリーを思っていましたよ。

イエロードッグ さんのコメント...

>ぶべははさん

検査、お疲れさまでした。
僕は2週間前に検査入院しました。
検査前から体調が悪かったのですが、退院後に具合が悪くなって
血痰まで出て参りました。
エルと再会できる日も遠くないかもしれません。
最近よくエルが夢で会いに来てくれます。

べいちゃんは膀胱炎と腎臓の方は落ち着いているのですか?
処方食は続けるのですか?

今年はすごい積雪みたいですね。
古くからの友人が10月末にそちらに移住しました。
彼は離婚後、一軒家にボーダーコリー(エルも遊んだことがあります)
と一緒に暮らしていましたが、5月にその子が13才で急逝したのを機
に家を売り払って早期退職し、札幌の高齢者向けサービス付き分譲
マンションに入ることを決めました。
ベンガル猫も一緒です。
この間、電話で快適で満足してると話してましたよ。

エルを引き取った時、世話してくれたボランティアさん(ペット
シッターもやってました)からチョークチェーンを勧められて、
疑うことなく使っていたんです。
まさか大切なエルを傷つけてしまうことになるなんて。。。。
あれって加減してたら効果がないから思いっきり引いていい、と
言われたたのでそうしてましたがそうじゃなかったんですね。
僕は間違いばかりだったような気がします。

ホルネル症候群になって獣医師から首輪も禁止されたのでハーネス
を使ってましたが、エルも僕もお互いにやりにくかったです。
治ってからはビヨルキスのハーフチョークカラーにしました。
鎖がないし締まっても柔らかくてクッション性があるので躾には
ぜんぜん意味がないけど、晩年のエルにはよかったかな。

エルのリードやカラー、ウェブマスターハーネスやコートは今も
玄関のクロゼットにかけたままです。
最後の散歩になった2012年9月2日のまま。片付けられません。

昨日、渋谷で楽器店に入ったら斉藤和義がかかってました。
いい曲だけど初めて聴きましたよ。新曲でしょうか。