2016年4月28日木曜日

山も青々して来た。

撮影日時:2012年4月25日水曜日 10:54  エル13才(エル闘病5年目)




桜が終わると日に日に緑が濃くなって来る。
いつもエルと眺めていた山も。


肺転移して一年。肩への転移が発覚。

この頃は自力で立ち上がったり臥せたりできなくなっていたが、
エルは僕に介助してもらうのを受け入れ素直に身を任せた。

あの重みと温かさがなつかしい。

2 件のコメント:

Mary Ppm さんのコメント...

あの子たちの重み、温かさ、思い出しますね。
すっかり体を委ねてくれるので重いこと(笑)
エルちゃんの最高体重は、何キロでしたか?
葉月とジャズよりは軽かったですね。
ジャズは、肥りすぎでしたが、最後の方は、悲しいくらいに
軽くなっていて、それでも、腱鞘炎のある私には、
痛みを耐えながらの移動や抱っこでした。
でも、懐かしい❤

今は、ちいたろうを抱っこしていますが、「君は小さいね」と
ついつい話してしまいます。

最近、腱鞘炎がまた悪化してしまい、その小さなちいたろうでさえ、
用心して抱っこしています。
去年11月の時の「今度悪化したら、手術ですね」という先生の言葉。
5月10に四ツ谷に行き方針を決めてきます。
早く腱鞘炎と縁を切りたいです。

イエロードッグ さんのコメント...

>Mary Ppmさん

大型犬ならではの醍醐味ですね。
これを味わってしまうともう小さい子では物足りません。
猫はまた別ですけど。

ジャズちゃんはちょっとメタボ気味でしたね。
エルも始めて会った時は30kgのおデブちゃんだったんですよ。
前の飼い主はケージに入れっぱなしでフードだけ与えてたので、
運動不足で太ったのでしょう。
足だけすごく細かったです。
若い頃は27k前後がベスト体重でした。
25kg台まで減量させたことがありましたが歩けなくなりました。
栄養不足だったようです。
そうとは知らず可哀想なことをしました。

闘病5年目のこの写真の頃はずいぶん痩せました。
23kg台だったと思います。
前みたいに抱き上げても膝と腰に来なくなりました。
この年の7月に久しぶりでシャンプーしたのですが、濡れて
あばらが浮いてガリガリになったエルを見て驚きました。
これが最後のお風呂かなと思ったけどその通りになりました。

昨日久しぶりでぎっくり腰をやってしまいました。
エルがいる頃はしょっちゅうだったなーと思いました。

腱鞘炎が悪化したとのこと。痛いでしょう。お察しします。
手術するとしたらリハビリにどれくらいかかるのでしょう。
弾き語りライブができなくなってしまいますね。
でも長引いてますから思い切った治療も必要かもしれません。
おだいじになさってください。