2015年7月27日月曜日

暑い夏をクールに乗り切るために。

撮影日時:2009年7月5日日曜日 10:52 エル10才(闘病2年目)




エルが首に巻いているのは犬用のクールカラー。
中にジェル状の保冷剤が4個入ってる。


犬は人間ほど体温調整がうまくできない。
気温25度以上、湿度60%以上で熱中症になってしまうそうだ。
人間には快適に思えても犬は暑い暑いということだってある。

犬をクールダウンしてあげるためには太い血管が通っている頸部、四肢の
付け根を冷やしてあげるのが効果的らしい。


このクールカラー、発想がユニーク。
でもアメリカの商品だけに作りは雑でジェルもカラーもすぐ駄目になって、
翌年はオレンジ色を買った。

2 件のコメント:

Mary Ppm さんのコメント...

毎日酷暑ですね。
体調はいかがですか?

エルちゃんのクールカラーはスマートですね。
オレンジのも覚えていますよ。
どんな色も着こなしていたエルちゃんですが、ビビットなビタミンカラーは、
特にお似合いでしたね。

ジャズに買ってあげクールカラーは、水分を含むとぼこぼこ厚くなって
結構重くなりました。
ちゃんと効果があったのかどうかは不明ですが。

サイズが関係しないものは、「大は小を兼ねる」で、
ジャズや葉月のお古がみ~んなちいたろうに回っています。
小さな体で大きなマットを専有してのびのびしていますが、
ジェル式のひえひえマットは嫌いらしく、わざわざ除けて寝てしまいます。
表面がつるつるしているのが好みから外れているのかなあ?
そう言う訳で、夏のひえひえマットは、葉月とジャズの2枚を使って、
私は、夜も、首と足元を冷やしているので、気持ちよく休めています。
ずっと敷いていると、そのうちあったまってくるので、あたる場所を変えていますが。

ちいたろうには、クールシャツがいいようです。

イエロードッグ さんのコメント...

>Mary Ppmさん

凄まじい暑さですね。
日、月、火はもう部屋に篭っていました。
気密性がいいのと高層のせいか、エアコンを少しつけておくだけで部屋の
中は快適で、逆に乾燥して喉がカラカラになるくらいです。
今日はいくぶん和らいだので山王病院に行き土曜日に受けた脳MRIの結果を
聞きに行って来ました。
目眩と嘔吐が酷かったので一応、脳神経内科を受診したんです。
結果は特に異常なし。
疲労とストレスが原因だろうと言われました。

土曜日は人間ドック。
肺のレントゲンは一ヶ月前の酷い症状の時より炎症がやや収まっていました。
血液の炎症反応も珍しくなしです。
ということは、小康状態なわけです。

更年期障害のせいか夜、体が火照って眠れないことが多くなりました。
Mary Ppmさん、ジャズパパさんは大丈夫ですか?
体が暑い時はTシャツを脱いで床で背中を冷やしてみるのですが、すぐ体温
で床も温まってしまいます。
エルのために買ったアイスノンを背中に敷いてみましたが、冷えすぎるのも
体に良くなさそうですね。

エルも夏は床の上に行って時々位置を変えてたなと思いました。
クールマットはゴワゴワするしあまり冷え感がなくてイマイチでした。
葉月ちゃんとジャズちゃんが使ってたマットはひんやりするのですか?
ちいたろう君は冷えすぎが嫌なのかな?素材感が嫌なのかな?
そういえば猫のクールグッズってあまり聞いたことないですね。

エルのブルーのクールカラーは中のジェルも外側の生地も、一年で破れて
しまいました。
翌年買ったオレンジは改良されてもう少し保ちました。
エルの最後の散歩の時もつけていたので、いまだに玄関のお散歩グッズ入れ
に入ったままです。